かりの食堂@おうちご飯が一番好き

美味しいものを食べたり、料理することが大好きだから、「おうち食堂」開店しました(笑)。 定食屋さん気分で料理を楽しむ毎日です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□■白身魚のカルパッチョとクリームチーズの梅かつお風味◆■
おつまみ2種
昨日の夜は、おつまみ2種で一人宴会でした(笑)
おつまみは、魚のカルパッチョとクリームチーズの梅かつお風味。
仕事が終わっていろいろやっていたら、8時を過ぎてしまいまして、
何か晩ご飯のおかずでもと思って、スーパーに立ち寄りました。
そしたら生鮮食品コーナーが、夜の特売の時間に突入してました。
こんな時間からなんだーと、お刺身売り場にたどり着いたら、
ちょうどアルバイト(?)の男の子二人が、半額シールをペタペタしてました。
柵売りのマグロと鯛のところで、ぼーっと考えてた私の隣でこんな会話が。
「…なあ、このコーナーの刺身、まだ早くねぇ?」とA君(仮称)。
うーん、そうだねぇ。まだどう見ても他と比べて新しいし、マグロ高いよねー。
「いいんじゃない?8時過ぎたし」とB君(仮称その2)。
いいのかー、そんなことで?…いや、私的にはOKなんだよー。
「いいと?」「よかろーもん」 半額シール、ペタッ。
真鯛と、マグロの柵刺身、速攻ゲットしました(笑)
と、いうことで柵半分使って作った白身魚のカルパッチョは、
お魚原価124円。お買い得?

◎白身魚のカルパッチョ◎
【材料  (1人分程度)】
白身の魚(今回は真鯛でした)  40g~60g
野菜(お好きなものをどうぞ。)   適量
 ※今回はベビーリーフ、玉葱、ニンジン、かいわれ大根を使いました。
カボス  半個(絞った果汁 大匙1程度)
 ※レモンやライム、なければお酢でもOKです。
A:調味料
 塩、黒胡椒  適量
B:ドレッシング
 粒マスタード、醤油、米酢  各小匙 1
 EXオリーブオイル  大匙1/2程度

【作り方】
①盛り付ける皿の表面に、A:調味料の、塩、黒胡椒をふっておく。
②薄くそぎ切りにした魚を①の皿に重ならないように盛る。
 上になった面にも、軽く塩、黒胡椒をふる。
③絞ったカボス果汁を、②の魚にかけて切り身をしめる。
 ※すぐに食べない時は、この段階でラップをして冷蔵庫で冷やして。
④ニンジンは極細の千切りにし、同じく薄く千切りにした玉ねぎ、
 ベビーリーフと共に冷水にさらしてパリッとさせる。
⑤皿に④の野菜を盛り付ける。
⑥B:のドレッシングの材料をよく混ぜて、刺身と野菜にかけて、出来上がり。

いつもは米酢かホワイトビネガーを使うんですが、
いただいたカボスが残っていたので使ってみたら、とても美味しかったです。
カボスを使ったせいか、何となく和風テイストになったので、
ワインを止めて、貰いものの日本酒へ移行しました(笑)。
そこで、ぱぱっと作れるもう一品。

◎クリームチーズの梅かつお風味◎
【材料 一人分】
クリームチーズ  100g程度
かつおぶし  適量(小分けパックで1袋程度)
A:調味料
 梅干し  大1個(大匙1弱?)分
 みりん  大匙1弱(梅の実の量と合わせて加減してください)
 醤油   小匙1/2弱

【作り方】
①A:の調味料を作る。
 梅干しの実を叩いてペーストにし、器に入れて、みりん、醤油とよく混ぜる。
②クリームチーズを食べやすい大きさの角切りにする。
③切ったチーズに①のペーストをつけ、かつおぶしをまぶす。

出来上がり♪ 簡単でしょ?
梅の酸味とクリームチーズのまったり感が、何とも良い感じです。
ワインにも、お酒にも、あいますよ。お試しあれ(笑)
ともあれ、昨晩のお酒が美味しかったのは、A君、B君のおかげです。
ありがとー、A君、B君。(笑)

今晩の晩酌の友にしてみようかなーって、思ってくださったらクリックしてね♪

スポンサーサイト

かりの

Author:かりの
九州は福岡県春日市在住、美味しいもの作るのも食べるのも大好きな、一人暮し10年目を迎える働くお姐さんです(笑)
体調不良でしばらく入退院を繰り返していましたが、やっと復活しました。また色々作るぞぉ♪

ブログランキングに参加しています。励みになりますので、応援ボタンを押してくださると嬉しいです。

全ての記事を表示する

QRコード

名前:
メール:
件名:
本文:

・材料について

ここで使っている材料は、基本的にどこでも買える、ってことが前提です。 でもたまに特殊な材料を使うことがあって、そんな時は大抵ネットで購入していますので、購入先等については記事内でご報告しますね。

・道具について

これも、基本的にどこのお家にでもあるものを使っています。私の家で、現在使用している文明の利器は、ハンドミキサー、普通のミキサー、家庭用のオーブンレンジ、最近ネットで買った『vitantonio』 のバラエティーサンドベーカーくらいです。フードプロセッサーは使ってません。道具をセットしている暇があったら手で刻めーって、包丁使っちゃうタイプです。結構アバウトです。※オーブンレンジはレンジが600w、オーブン温度は最高230度の設定です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。